CADとは?何に利用されているの?

CADとは、製図や設計図をパソコン上で作成出来るようにしたシステムのことです。このCADを利用している企業は多く、建設工事の図面を作成したり、自動車などの設計図に用いられたりと、様々な用途に利用されています。

2D CADと手書きの違いは?2D CADと3D CADはどこが違う?

2D CADを利用すれば、手書きの図面と同じく2次元の設計図を書けます。手書きよりも2D CADが優れているところは、パソコンで図面を簡単に作成できるということです。また、作成した図面は、すぐにネットで共有できるので、従来よりも効率がアップします。ただし、2D CADは複雑な図面になると、知識がなければ理解しにくいというデメリットもあります。その点、3D CADは、3次元なので誰が見ても完成形が分かりやすく、イメージしやすいというメリットがあるのです。そのため、近年では、2次元の2D CADを導入するよりも、3次元の3D CADを導入する企業が増えてきています。

2D CADと3D CADの製図の書き方

2D CADは、縦と横軸で表されています。2次元の図面が作るために、正面図と側面図、それから平面図の3つの製図が必要です。この3種類の製図は、それぞれの角度から見て作成します。一方で、3D CADは、立体モデルを作成しています。製図には2種類の方法があり、サーフェスベース、あるいはソリッドベースの方法で作成します。

3D CADを導入するメリットはなに?

3D CADは、2D CADよりも高価なシステムです。そのため、未だに2D CADを利用している企業も少なくありません。確かに、3D CADを導入するには費用がかかるかもしれませんが、その分導入するメリットも大きいのです。3D CADを使えば立体的に製図できるため、経験がなくても完成形がイメージしやすくなります。また、図面の知識がない取引先でも商品を理解しやすくなるので、交渉しやすくなるというメリットがあります。

水道CADとは、上下道工事に関する配管図面や申請書類の作成を支援するパソコンのソフトのことです。手書きよりも短時間で、書類を作成することができます。