合宿免許の概要について

日本人の多くは、20歳前後になると普通自動車運転免許を取得するために教習所に入所しますが、教習所のタイプは自宅近所にある一般型か遠方の合宿免許型に分かれています。合宿免許タイプは、半月前後の連続した休みを取れた方の利用がおすすめであり、入所可能な上限人数が予め決まっているので、確実に毎日技能教習を受けられます。合宿免許教習所は地方都市の立地が大半を占めているので、往復の交通費が気になってしまうものの、新幹線・特急の運賃を補助してもらえる事から、移動に関する負担はほとんど感じる事はありません。

運転が苦手な場合でも安心出来る保証があります

自動車の運転が苦手な方が多くいると思いますが、そんな方であっても安心出来る技能延長保証サービスが多くの合宿免許で提供されています。年齢によって無料保証時間が決められていて、卒業まで延長無料か10時間程度の延長無料が利用可能となっているので、プレッシャーを感じずに毎回運転に取り組めるでしょう(25歳や30歳などで年齢が区切られています)。

合宿中の食事はどうなっているか

合宿中の食事も延長保証同様に気になる点であり、ホテルや寮母がいる提携施設に滞在する場合は毎日3回の食事が付いてくるので、食事の準備をせずに済みます。なお、昼食は教習所内の食堂や休憩所で定食や弁当を食べるのが一般的です。自炊が得意な方は、自炊プランが提供されている合宿免許を利用するのがおすすめと言えますが、食材の調達は入所者が行う必要があるので、近隣にスーパーマーケットがある施設を選んでおきましょう。

合宿免許は、一般的な教習所と違って技能教習が毎日4時間程度受けられるカリキュラムが組まれています。技能教習に失敗しても、保証サービスを使えば無料で再教習が受けられる点も魅力です。